定年後資格 定年後資格取得 中高年資格取得 中高年資格試験 中高年資格

定年後に使える資格にはどういうものがあるのでしょうか

現在順次行われている定年制改正によって、かつては60歳が定年とされてきていましたが、現代では本人が希望すれば65歳まで働けるようになりました。

 

このことは医療の発展などによって高齢化が進み、60歳を超えてもまだまだ働ける人が増えてきているという現状からの取り組みなのです。

 

そのため、60代になっても更に再就職をする人が増えてきています。

 

さてここでは、定年後に使える資格にはどういったものがあるのかをご紹介していきたいと思います。

 

定年後に使える資格として一番人気が高いのは、やはり『マンション管理士』の資格です。

 

この資格に関する仕事は、体力をそこまで必要としないため、定年後の就職先として人気が高い分野であり、取得する人が多いようです。

 

また、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などのパソコン関連の資格も定年後の使える資格の一つとしてお薦めです。

 

若い人にはこういった資格を取得している人は数多く見られますが、高齢の方がこういった資格を持っているということで、新しいことへの柔軟性や挑戦しようとする姿勢が高く評価されることがよくあります。

 

 

【個人で事業をするために】

 

しかしながら、定年後に使える資格を持っていた場合であっても、再就職の門戸はかなり狭いというのが現状ではあります。

 

そのため、どこかへ勤めるよりも、個人で事業を行うということも選択肢の一つなのです。

 

例えで申し上げれば、『調理師』の資格があれば、飲食店を経営することもできますし、『語学』の資格があれば、教室などを開くことも出来ますので、定年後に使える資格として取得しておくこともよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

定年後に使える資格にはどういうものがあるのでしょうか関連ページ

資格を取るための効率の良い勉強方法
効率の良い勉強方法とは、短時間で無駄なく必要な知識を習得することなのです。
40代からの転職準備としての資格取得
40代からの転職を考えている人は、ある程度早い段階から資格取得を進め、転職への準備をして勉強しておく方がよいでしょう。
50代からの資格取得
50代からの資格取得と聞きますと、いささか遅すぎのように感じてしまうものですが、どんな年代であっても勉強を続けるということは本当に大切なものですし、それこそが周りから求められていることなのです。
ビル管理に必要な資格は
ビル管理資格に必要な資格について、そして、その資格の難易度についてお話ししております。

資格・検定・免許取得

Way to qualification