ビル管理資格 ビル管理資格取得 資格取得 資格試験 資格 種類 資格 取得方法

ビル管理に資格は必要なの?難易度はどのくらいなの?

中高年の方々に一般的に人気が高いと言われる仕事に、ビルやマンションの管理人があります。

 

マンションの管理人であれば、管理室で住人と触れ合ったり、周辺の掃除をすればよいと思われがちなのですが、ビル管理になりますとそうもいかないものです。

 

ビル管理の仕事は、空調、室内の衛生管理、給水、排水の管理、清掃など広範囲にわたっていますので、それなりに難易度が高く、ビル管理の仕事をするために、資格を必要としている場合が多いものです。

 

そしてまた、その仕事内容の広さを受けて、試験の難易度も高い傾向にあります。

 

ビル管理の資格と言えば、一般的には『建築物環境衛生管理技術者』のことを言います。

 

この資格は国家資格でもありますので、難易度も比較的高いものです。

 

年に一度試験が行われており、合格率はおよそ18%程度です。

 

また、受験資格として環境衛生上の維持管理に関する実務に、2年以上従事したことがある人でなければいけないので、その点も資格取得への難易度を高めている要因となっています。

 

 

【やる前からあきらめずに、まずは挑戦してみましょう】

 

ビルを利用するたくさんの人々の安全を守り、快適に過ごすことが出来るように努めなければなりませんので、ビル管理の仕事はとても神経をつかう仕事でもあります。

 

とはいえ、若い人があまりやらない仕事ですので、中高年の方には就きやすい仕事でもあると言えます。

 

資格を取るための難易度が高いからといって、やる前から敬遠せず、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ビル管理に資格は必要なの?難易度はどのくらいなの?関連ページ

資格を取るための効率の良い勉強方法
効率の良い勉強方法とは、短時間で無駄なく必要な知識を習得することなのです。
40代からの転職準備としての資格取得
40代からの転職を考えている人は、ある程度早い段階から資格取得を進め、転職への準備をして勉強しておく方がよいでしょう。
50代からの資格取得
50代からの資格取得と聞きますと、いささか遅すぎのように感じてしまうものですが、どんな年代であっても勉強を続けるということは本当に大切なものですし、それこそが周りから求められていることなのです。
定年後に使える資格とは
定年後に使える資格について、いくつかを取り上げて解説しております。

資格・検定・免許取得

Way to qualification