動物取扱責任者資格取得 動物取扱責任者資格試験 動物取扱責任者資格取得方法

動物取扱責任者資格

動物取扱責任者の資格を取得するためには、動物取扱業の実務経験が必要となってきます。

 

動物取扱業を開業しようとする場合には、必ず、この動物取扱責任者資格の取得が必要となってきますので、ペット業界の仕事をしようと思っている人は、是非とも取得しておきたい資格となっています。

 

ペットに関する仕事には、さまざまなものがあります。

 

ペットショップの仕事や動物病院・看護士・介護士などがあります。

 

また、最近人気の職業になっている『ブリーダー』『トレーナー』の仕事などもあります。

 

現代社会では、室内でペットを飼うケースが増えてきていますので、トレーナーやブリーダーの需要は益々大きくなってきています。

 

そのような仕事に興味のある人は、是非とも動物取扱責任者の資格を取るように勉強を始めましょう。

 

 

【実は、動物取扱業の経験がなくても資格を取ることができるのです】

 

動物取扱責任者の資格は、基本的には、動物取扱業の実務経験が必要となっているのですが、各市町村で特例が設定してある場合があります。

 

『公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、知識や技術を習得していること』が条件となります。

 

実務経験がなくても、このような民間の試験に合格することで動物取扱責任者の資格を取得することができるのです。
 
気になった方は、お住まいの市町村に、そのような特例があるかどうか問い合わせて、調べてみてはいかがでしょうか。

 

かなり、取得出来る可能性の道が開けてくると思われます。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification