1級管工事施工管理技士資格取得 1級管工事施工管理技士資格試験 1級管工事施工管理技士資格取得方法

1級管工事施工管理技士受験資格

1級管工事施工管理技師の受検資格は、特別なものは必要ありません。

 

所定の実務経験があれば、だれでも受験することができます。

 

大学卒業でも専門学校卒業でも高校卒業の人でも所定の実務経験があれば受験することができるのです。

 

また、『1級管工事施工管理技師』の試験があるのですから『2級管工事施工管理技士』の試験も同様にあります。

 

2級管工事施工管理技士も、所定の実務経験があれば誰でも受験することができるのです。

 

1級管工事施工管理技士の受験資格に、『2級管工事試験に合格していることという条件はありません』ので、いきなり1級管工事試験を受験してもよいのです。

 

試験内容ですが、これは当然、1級の方が難しいものとなっています。

 

合格率は20%程度です。

 

1級管工事施工管理技士の受検資格である実務経験は、相当な期間ありますが、いくら実務をしていても簡単には合格できないレベルとなっています。

 

仕事をしながら1級管工事施工管理技士の試験勉強を、暇がある限り行わなければいけないレベルとなっていますので、受験を考えている方々は、頑張って勉強するようにしましょう。

 

 

【建築関係の知識が必要となります】

 

1級管工事施工管理技士の受験には、学科試験実技試験があります。

 

学科試験では、管工事に関する知識はもちろんのこと、法規なども出題されます。

 

しかしながら、建築関係の法規となりますので、他の建築関係の試験を受験したことがある人であれば、容易に回答することができます。

 

管工事に関する知識を勉強することが重要なのではないでしょうか。

 

建築関係には多くの資格試験があるものです。

 

内容も重複している箇所が結構ありますので、建築関係にお勤めの方は、いろいろな資格に挑戦してみても良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification