防災無線資格取得 防災無線資格試験 防災無線資格取得方法

防災無線資格

防災無線の資格を取ることで、さまざまな職場に就職することができます。

 

日本は、非常に自然災害が多い国です。

 

そしてさらに、最近の地球温暖化の影響で自然災害の心配がされるようになってきています。

 

いざ『自然災害が起こると、通信設備が使えなくなりますので、唯一の通信設備が防災無線』ということになります。

 

官公庁においても、防災無線の必要性は高くなってきていますので、通信や電気関係の仕事をしている人は是非とも取っておきたい資格と言えるでしょう。

 

防災無線を扱うための資格は、出力がそれほど大きくないので、単一無線であれば『無線電話乙種』の資格が必要です。

 

また、多重無線であれば、『多重免許』をもっていると防災無線を使用することができます。

 

この資格は、それほど難しくはないので、官公庁でも無線担当者はだれでも持っている資格なのです。

 

また、防災無線の設備業者の人も大部分が持っている資格ですので、防災無線の仕事をする人は取っておきましょう。

 

 

【防災無線士は官公庁からの仕事があります】

 

災害が起こりますと、市役所や消防署・警察署などに情報が集まります。

 

災害が発生していますので、普通の通信設備は使えなくなります。

 

そこで、官公庁が利用するのが防災無線なのです。

 

これを使用することで、情報を集約することができるのです。

 

また、田舎などに行けば、部落内の連絡も防災無線を使用しています。

 

これを使用することで、部落内の情報を一括して管理できるからです。

 

難しくない資格ですので、防災無線を使用する人は取得するようにしてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification