生活相談員資格取得 生活相談員資格試験 生活相談員資格取得方法

生活相談員資格について

生活相談員の資格要件は、『社会福祉施設関係の仕事に従事していること』が条件です。

 

生活相談員の資格を取ろうと考えている人は、まずは社会福祉施設での経験を積むことが必要ですのでがんばりましょう。

 

しかしながら、社会福祉施設で仕事をしているだけでは資格を取得することができませんので注意が必要です。

 

『社会福祉施設で社会福祉士や社会福祉主事任用資格を取得した人』が受験資格がありますので、まずはこれらの資格から取るようにしましょう。

 

また、『大学の心理学・社会学・教育学を専攻して卒業した人』も受験資格があります。

 

この場合、社会福祉施設での経験は不要ですので、これらの学科を卒業した人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

生活相談員資格は、全国の多くの社会福祉施設で必要な資格ですので需要は多いと思われます。

 

就職にも有利となってきますので大学で専攻した人は是非とも挑戦してみましょう。

 

 

【社会福祉関係の資格はニーズが高まっています】

 

高齢化社会の日本では、どうしても介護という仕事が今から多くなってきます。

 

高齢者の介護だけでなく、知的障害者の方達もいますので、社会福祉関係の資格や生活相談員の資格を持っている人は、どこの施設でも募集をしています。

 

とくに人気のある生活相談員の資格ですが、大学を卒業するか社会福祉施設で一定経験を積まなければならないので非常に狭き門となっています。

 

興味のある方は調べてみてください。福祉の現場では必要な資格なのです。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification