電気通信工事業資格取得 電気通信工事業資格試験 電気通信工事業資格取得方法

電気通信工事業資格

電気通信工事業の資格には、『建設業として登録が必要な仕事内容』『登録が必要のない仕事内容』があります。

 

自分がしている仕事内容によって、建設業としての登録内容が変わってくるのです。

 

気になった方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

建設業としての登録が必要な場合には、すぐさま登録をすることをおすすめします。

 

タクシー無線やアマチュア無線の関係の工事をしている場合には登録が必要ありません。

 

また、家庭の無線LANの設置をしている仕事も登録が必要ありませんので安心してください。

 

逆に、放送設備やアンテナ設置工事に関する仕事をしているような時には、建設業としての登録が必要ですので、早めに登録するようにしましょう。

 

今や、どの家庭にもパソコンがある時代です。

 

パソコンの設置や無線LANの配線工事などをしている時には建設業としての登録が必要となります。

 

電気通信工事業の資格というのは、幅広い範囲がありますので、仕事内容にも関係していますが、建設業としての登録を考えておいた方が良いのではないでしょうか。

 

 

【誰もが利用しているパソコンに関する仕事が主流です】

 

現代は、パソコンが一家に一台ある時代です。

 

しかしながら、パソコンの設置やセットアップ・無線LANの設定など、パソコンや電気に詳しい人でないと、なかなか自分で行うことができません。

 

特に、年輩の方などは全くわからないのではないでしょうか。

 

そのような人達のために、電気通信工事業の資格を持っている人が、家電メーカーと提携して設置工事を行うのです。

 

メンテナンスも含め、需要は多くありますので、電気に詳しい人は挑戦しておきたい資格なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification