幼稚園園長資格取得 幼稚園園長資格試験 幼稚園園長資格取得方法

幼稚園園長資格とは

子供たちといっしょに生活してゆく、幼稚園での仕事は、いつの時代も人気がある仕事の一つですが、その幼稚園のおいて、幼稚園園長という職業には、特別な資格は必要ないということになっています。

 

幼稚園園長になるためには、『5年以上教育に関する職についた人』であれば、誰でもなることができるのです。

 

公立でも私立でも同様です。

 

よく、小学校の校長先生が退職をして幼稚園園長になることがあります。

 

小学校の校長先生であれば、教育に関する職に5年以上ついているので問題なくなることができるのです。

 

興味のある方はいかがでしょうか。

 

だれでも小さい頃には、幼稚園の先生や小学校の先生になりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

 

特に女性は、幼稚園の先生になりたいと思ったことが多いと思います。

 

誰もが憧れる職業なのです。

 

そのためには、幼稚園教諭資格を取らなければいけないのですが、幼稚園園長の資格はないのです。

 

経営者という感じなのでしょうか。

 

しかしながら、公立の幼稚園園長になるためには、他の条件もあります。

 

『幼稚園1種免許を持ち5年以上教職員として働いたことがある人』もしくは『教育に関する職に10年以上いた人』です。

 

 

【園児の将来を創造しながらできる楽しい仕事です】

 

しかしながら実際のところは、公立でも私立でも10年以上教育の仕事をしていれば幼稚園園長になることができるのです。

 

なかなか、幼稚園園長の仕事も、少子化の関係で難しいところもあるのですが、興味のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

子供が好きな人であれば、園児の将来を創造しながら楽しい仕事ができるはずです。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification