消防設備士資格取得 消防設備士資格試験 消防設備士取得方法

消防設備士資格の試験内容について

みなさまは、『消防設備士』という職業をご存知でしょうか?

 

ご存知のない方の為にご紹介させていただきますと、

 

消防設備士とは、建物に常備されている消火器や感知器・火災報知器などの消防設備品を

 

点検、整備、工事をすることができるスペシャリストを言い、国家資格が必要となる職業のことです。

 

 

特に、ビルの管理やメンテナンスを担っている企業においては、とても活躍を期待できる人材といえるでしょう。

 

そして、この『消防設備士』という国家資格は、

 

その仕事の内容によって、多種に分類されており、

 

甲種は、特類、及び第1類〜第5類まであり、乙種は、第1類〜第7類まであります。

 

消防用の設備を扱うには、該当する類の資格が必要となっているのです。

 

 

先ず、甲種の試験には一定の学歴や資格が必要になります。

 

また、一部の資格については受験科目を免除してくれる場合もありますので、

 

保持されている資格を活かしながら合格を目指すこともできます。

 

 

次に、乙種に関しましては学歴や実務での経験、性別や年齢は関係なく誰でも受験をすることが可能となっています。

 

 

そして、試験の日程を含む詳細についてですが、

 

甲種の特類は筆記試験のみですが、

 

それ以外の甲種、乙種共に試験内容は筆記試験と実技試験があります。

 

 

具体的な内容としましては、

 

筆記試験科目は、消防関係の法令、機械や電気に関する基礎的な知識、消防用設備などの構造や

 

機能、工事、設備関係の知識の設問となります。

 

そして、実技試験では製図や鑑別などになります。(製図は甲種のみ)

 

 

尚、実施回数におきましては、どの類の試験についてみましても、各都道府県では、最低年に一回は行われています。

 

また、試験会場は各都道府県の消防試験研究センターの本部や支部が指定をする会場となっています。

 

 

尚、合格基準は筆記では全体問題数の60%以上の正解が必要となり、かつ、科目ごとの問題数の40%以上の正解が必要となっています。

 

 

そして、試験時間は甲種では3時間15分となり(但し特類は2時間45分です。)乙種は1時間45分となっています。

 

 

また、受験手数料は甲種が5000円で乙種が3400円です。

 

そして、最後に気になる合格率についてですが、

 

平成28年度の結果としましては、甲種は30.4%となり乙種では34.5%になっています。

 

ご興味のある方は、是非、消防試験研究センターまでお問い合わせください。

 

 

【問い合わせ先】

 

一般財団法人 消防試験研究センターの各都道府県支部

 

東京の場合は、中央試験センター TEL:03-3460-7798

 

URL:http://www.shoubo-shiken.or.jp/

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification