MOS マイクロソフトオフィススペシャリスト MOS資格取得 MOS資格試験 MOS資格 MOS資格取得方法

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格取得について

みなさんは、マイクロソフトオフィススペシャリストと言う資格がある事をご存知でしょうか?

 

(以下、略称でMOSと致します。)

 

MOSは、2017年11月現在の調査では、

 

日本国内だけでも累計の受験者数が400万人を超えるほど大規模なものになっており、

 

多くの教育機関や企業において推奨されている取得資格となっており、

 

認知度も大変高くなっている資格です。

 

 

また、MOSの試験は日本のみならず世界各国でも行われており、

 

取得をした資格認定証は、そのスキルの証明書として世界各国でも共通して活用ができます。

 

 

また、パソコンの資格の中でもMOS資格は、特に認知度が高いのですが、

 

それはどうしてかと言いいますと、

 

MOS資格がそれだけ実用的であり、保持していると多くのメリットがあるからなのです。

 

ですので、日々、パソコンを使用する仕事の方であれば、取得をしておいて損はない資格になりますが、

 

それは何故かと言いますと、普通にパソコンのスキルがあるとしましても、

 

その事を証明するのは結構難しいことなのです。

 

しかし、そこでパソコン資格となるMOSを取得しておくことで、

 

ワードやエクセルなどに代表されるオフィス製品のスキルを確実に証明することができるのです。

 

 

具体的には、

 

ワードのスキルは、

 

文書作成スキルとして、フォントや行間、段落の設定、また表の作成の他に、

 

オブジェクトとして、文書に画像やワードアートを設定したり、挿入する技術を身につけられます。

 

また、文書を印刷する場合の設定や、

 

エキスパートレベルやスペシャリストよりも更に高度な技術レベルの書式適用ができる様になります。

 

 

また、エクセルのスキルと致しましては、

 

一般的なスペシャリストレベルで必要となる内容として、エクセルシートを印刷する場合の設定方法や、

 

セルやセル範囲へのデータ作成など、

 

また、セルの書式設定や色の表示方法などを身につけることができます。

 

また、社会人になりますと、

 

日常的に必要となるグラフ作成時の編集方法や、セルに計算式を入れたり関数を入れて、

 

データを集計したり、複数の項目のデータ集計を行うピポットテーブルの作成や編集、管理、

 

また、数式への関数を適用したり、分析やデータ検索のスキルを身につけることができます。

 

 

このMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の受験資格としましては、

 

年齢や国籍を問わずにどなたでも受けることができます。

 

尚、試験方法や時期についてはに二種類ありまして、

 

一つ目は、全国一斉試験が毎月1回〜2回原則として、いずれかの日曜日に実施されています。

 

そして二つ目は、随時試験と言いまして各パソコン教室等が開催している試験となりまして、

 

日付や会場、申し込み方法については各パソコン教室が都度指定しています。

 

 

また、日々のお仕事で、気がついたら既に上記のスキルを持たれている方もいらっしゃると思いますので、

 

ぜひ今後、転職を希望される場合にも有利になりますので、取得されておく事をお勧めいたします。

 

問い合わせ先として、下記を挙げておきます。

 

〒100-0005

 

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル

 

TEL:03-5293-1881 (受付時間:平日10:00〜18:00)

 

URL: http://mos.odyssey-com.co.jp/

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification