マンション管理士資格取得 マンション管理士資格試験 マンション管理士資格 マンション管理士資格取得方法

マンション管理士資格について

そもそも、マンション管理士とは、

 

一体、何の仕事をしている人を指すのでしょうか。

 

 

実は、マンション管理士の資格というのは、

 

まだまだ、歴史が浅い資格と言えます。

 

しかしながら、難易度が高い資格でもあります。

 

 

ちなみにですが、それは、2001年に施行されたマンション管理

 

適正化法に基づいて作られた資格だからなのです。

 

 

要するに、日本のマンションの快適な空間の確保のために専門

 

的な知識を持つ人が必要になったからなのです。

 

 

その仕事の内容はと言いますと、

 

管理組合の運営や、建物の構造上の技術的な問題などに対処す

 

ることと言えます。

 

見た目、きちんとしているマンションでも、月日がたてば、ど

 

うしても問題が出てくるものです。

 

 

その問題が小さなうちに対処しておけば、被害も出ませんね。

 

ですので、様々なトラブルを法などのソフト面と、建物自体の

 

構造などのハード面から支えることがマンション管理士の役目

 

なのです。

 

 

つまり、マンション管理士の知識は、非常に幅広いということ

 

なのです。

 

そこで、マンション管理士になるには、どのような受験資格が

 

いるのでしょうか。

 

実際、受験に必要な資格というものはありません。

 

誰でも受けられますが、しかし、資格試験に合格しなければ、

 

受験手数料が無駄になってしまいます。

 

ですので、あらかじめ、きちんとした知識を学んでおく必要が

 

ありますね。

 

そこで、最近では通信講座や専門学校などが受験をサポートし

 

てくれたりします。

 

 

実際の受験内容は、法令、設備など4分野から出題されます。

 

試験形式ですが、4つの選択肢の中から一つを選ぶ「四肢択一

 

式」でマークシートで答えます。

 

ただし、記憶力が必要な試験のため、年齢が高いと試験が難し

 

くなると言えます。

 

ですので、働きながらの独学での受験は難しいと言えるかもし

 

れませんね。

 

そして、合格したいのなら600〜700時間を目安に学習時間が必

 

要と言われています。

 

試験日は、例年11月下旬〜12月上旬となっています。

 

ですので、受験のための勉強をするのなら、年明け1月からです

 

と、ほぼ、1年勉強期間を設けることができますね。

 

そして、気になる合格率は、7〜9%台と低く厳しい試験なので

 

す。

 

内訳は、毎年約2万人の受験者に対して合格者は1500人前後

 

なのです。

 

だから故に、マンション管理士は難易度の高い国家資格と言わ

 

れているのです。

 

ちなみに、どこの講座や専門学校なら合格率が上がるかは、

 

各々、カリキュラムに違いあるので断定はできません。

 

マンション管理士資格の受験料は、9400円非課税です。

 

試験地は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島

 

市、福岡市、那覇市及びこれらの周辺地域となります。

 

ちなみに申込書は、マンション管理センターのホームページ

 

http://www.mankan.org)に配布期間中掲載されていま

 

す。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification