公害防止管理者資格 公害防止管理者資格取得 公害防止管理者資格試験 公害防止管理者資格取得方法

公害防止管理者資格について

まず、 公害防止管理者の仕事は、

 

要するに、公害が周囲に起こらないように防止することです。

 

法律で、エネルギー産業などの指定工場において「公害防止組

 

織」の設置が義務となっています。

 

ですので、公害防止管理者の資格が必要となっています。

 

それに公害を未然に防ぐためにはしっかりした知識が必要で

 

すね。

 

そのために、公害防止管理者等資格認定講習があります。

 

資格を取得したい方は、是非、参加しておくべきでしょう。

 

次に、公害防止管理者の資格を難易度から見てみました。

 

ちなみに国家資格になります。

 

ただし、合格率は毎年20%程しかなく、難易度としては高い方

 

です。

 

 

難易度が高いのは、内容が多岐に渡っているからです。

 

合格するためには、幾つもの科目に合格しなくてはいけませ

 

ん。

 

そこで、一つの科目が合格しているなら3年間だけ、その科目が

 

免除。というルールになっています。

 

ですので、何年もチャレンジする人は沢山います。

 

 

内容ですが、13の区分が存在し、自分の目的に合った内容を選

 

択する試験形式になっています。

 

ちなみに、各科目60%以上の正解率なら合格となります。

 

試験は、10月上旬に実施されています。

 

そして、申し込み期間は7月初旬から7月下旬となっています。

 

合格発表は、12月中旬となっています。

 

 

受験区分により異なりますが、受験料は 、6,400円から6,800

 

円くらいです。

 

お問い合わせ先は、

 

一般社団法人 産業環境管理協会になっています。

 

ちなみに、学習法としては、

 

ここはやはり、過去問を解くことから始めましょう。

 

要するに、大体出題されやすい問題は決まっているからです。

 

なので、間違えたらどこを間違えたかしっかり確認しておくこ

 

とが必要です。

 

 

もしも、法律や分析方法がわからなければ公式テキストを利用

 

すべきでしょう。

 

ネットでも調べることができます。

 

他にも、計算問題については、公式を丸暗記すればある程度対

 

応できるようです。

 

苦手問題は何度でもチャレンジし、克服することが大切です。

 

ただし、全科目合格しなくては、資格は取得出来ません。

 

最後に、試験には時間制限がありますので、

 

試験一か月前には、時間制限を設けて、時間内に問題を解く訓

 

練をしてみましょう。

 

とにかく、本番前のシュミレーションは重要です。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification