貿易実務検定 貿易実務検定資格取得 貿易実務検定試験 貿易実務検定資格 貿易実務検定取得方法

貿易実務検定資格は国際化社会に必須です。

現在、貿易の実務化は、世界的に当たり前になり、

 

グローバル社会を目指す日本でも、

 

貿易に関するエキスパートの存在が欠くことができないといわ

 

れています。

 

 

国際交流を進めていく上で、貿易に対する知識がどの程度であ

 

るかを見極める必要があります。

 

そこで、その能力を図るために必要なのが貿易実務検定なので

 

す。

 

 

この試験は、自分が貿易に対してどれぐらいの能力があるかが

 

わかるといっても過言ではありません。

 

 

試験は、7月と12月の2回行われます。

 

 

試験には、A級からC級までのランクがあります。

 

C級は、貿易に関する定型業務をこなせる程度の実力といわれ

 

ています。

 

全階級の中で、試験問題が最も簡単であるといわれています。

 

 

B級は、貿易に関する実務経験が1年から3年以上の実力といわ

 

れています。

 

貿易実務経験者の中でも、新人から中堅クラスであるといわれています。

 

 

そして、試験問題が一番難しいA級では、

 

貿易実務に関する判断能力を試すためのレベルであるといわれ

 

ています。

 

試験の内容は、貿易実務や基礎的な英語の問題、マーケティン

 

グに関することです。

 

 

この試験を受けることへのメリットは、

 

貿易に関するスキルアップに繋がることがメインです。

 

 

今、TPPに関する貿易のことや、東京オリンピックに関連する事

 

項が増えてくると考えられます。

 

いかに国際化に活かせるかが、鍵となってくることは間違いあ

 

りません。

 

ここ数年は、そうした影響があり、

 

受験倍率は、従来に比べて3倍以上になっていることから、試験

 

に関する知名度が徐々に高まりつつあります。

 

 

試験に関する申し込みは、インターネットで簡単にすることが

 

可能です。

 

 

試験に関する勉強方法は、大抵の人が独学で行っている場合が

 

多い傾向にあります。

 

参考書や問題集は、貿易実務検定の公式のものがあり、

 

その資料をもとに勉強するのが望ましいです。

 

他にも、インターネットを通じた通信教育や、専門のスクール

 

で資格に関する知識を通学スタイルで学ぶなどの方法がありま

 

す。

 

 

貿易関係の会社への就職を希望するなら、是非、一度受験し、

 

資格取得することが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification