タイヤ整備士資格 タイヤ整備士資格取得 タイヤ整備士資格試験 タイヤ整備士資格種類 タイヤ整備士資格取得方法

タイヤ整備士資格

国家資格である『タイヤ整備士』の資格を取得しますと、『自動車整備士』の資格と併せてお客さんにきめ細かいアドバイスを行うことができるようになってきます。

 

タイヤ整備士という資格だけを単独で持っている人は少ないのですが、自動車整備士資格と併せて修理工場勤務の方は取得しておきたい資格の一つです。

 

タイヤ整備士というのは、タイヤ整備に関わる仕事で2年以上実務経験がある人が専門の講習を受講することによって受験資格を得ることが出来ます。

 

その受験資格を持って、その後に国家試験を受験するという順序になるということになります。

 

タイヤ整備士という性質上からして、国家資格となっているということがポイントです。

 

日本は車社会ですので、自動車だけでなくタイヤについても専門の知識が求められているのです。

 

 

【タイヤ整備士の国家試験は現在行われていません】

 

車に乗っている人の命を守っている重要な部品であるはずのタイヤなのですが、タイヤ整備士の国家資格は現実的には、あまりニーズがないようなのです。

 

平成12年に実施されたのを最後に、今現在(2014年7月時点)は受験者数の減少の影響で行われていません。

 

しかしながら、最近になってエコの考え方が定着してきていますので、タイヤに関する専門知識も必要となってきています。

 

そのような動向を踏まえてタイヤ整備士の国家資格のニーズが高まってきているのです。

 

また開催されるかどうかは未定なところがありますが、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。
※2014年7月時点では、受験希望者も少しずつ増えてきているようで、今後の最重点実施事業として、制度再建の実現に向けて取り組んでいるということです。

 

自動車整備士の資格と共に取得することでお客さんへのアドバイスが適格になりますので、自動車関係に携わる方々にとってはかなり有力な資格と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification