クレーン・デリック運転士免許取得 クレーン・デリック運転士免許取得方法 クレーン・デリック運転士免許取得するには クレーン・デリック運転士免許

クレーン・デリック運転士免許とは

労働安全衛生法関係法令の改正によって、
平成18年4月1日から、
これまでの「クレーン運転士免許」と
「デリック運転士免許」が統合されて、
新たな呼び名として、
「クレーン・デリック運転士免許(限定なし)」
となりました。

 

以前の「クレーン運転士」は、
「クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)」
へと引き継がれることになりました。

 

「クレーン・デリック運転士免許」は、
ビルなどの建設現場や工場などで活躍する資格であり、
国家資格となっています。

 

試験の難易度としましては、
一般的なレベルと言えます。

 

また、この資格取得に際しての学習方法としては、
独学や講習を受講するなどの方法があります。

 

受験資格の制限はなく、どなたでも受けることが出来ます。

 

受験者数は、過去の年度例で見ますと、
学科で18000人以上にのぼり、
その合格率は、65%程度(学科)となっています。

 

試験日程としましては、
ほぼ毎月実施されているようです。

 

受験料は、
学科で6800円、実技で11100円となっています。

 

その試験科目を見てみますと、下記のようになっています。

 

【クレーン・デリック運転士(制限なし)】
学科試験:@クレーン及びデリックに関する知識、A原動
機及び電気に関する知識、Bクレーン運転のために必要な
力学に関する知識、Cクレーン及びデリックの関係法令

 

実技試験:@クレーンの運転、Aクレーン運転のための合図

 

【クレーン・デリック運転士(クレーン限定)】
学科試験:@クレーンに関する知識、A原動機及び電気に関
する知識、Bクレーン運転のために必要な力学に関する知識、
Cクレーンの関係法令、

 

実技試験:@クレーンの運転、Aクレーン運転のための合図

 

また、当試験には、特定の条件に該当する方に試験科目の免
除制度がありますので、下記にそれを記します。

 

次のいずれかに該当する者は、試験科目の一部が免除される。

 

@改正前のクレーン運転士免許・デリック運転士免許の所持
者又は揚貨装置運転士免許の所持者、Aクレーン運転実技教
習を修了して1年以内の者、Bクレーン・デリック運転士(限
定なし)免許の学科試験に合格して1年以内の者、C玉掛技能
講習等を修了している者、など

 

試験場所は、全国7ブロックの安全衛生技術センターにて行わ
れています。

 

そして、試験の申込期間ですが、
第1希望受験日の2ヶ月前から14日前までとなっており、窓口
に持参の場合は、2日前までとなっています。

 

願書の入手方法は、
全国の安全衛生技術センターや各都道府県の労働基準協会な
どから入手することとなっています。
また、出張試験というものがあり、それについては、ホーム
ページを参照してみて下さい。

 

試験申し込み方法は、
受験料を郵便振替か銀行振込にして、その証明書を受験申請
書に貼り、各受験地の安全衛生技術センターへ、持参もしく
は簡易書留にて郵送することとなっています。

 

合格発表については、
試験当日に合格発表の日を通知することになっています。

 

最後に、クレーン・デリック運転士免許試験の問い合わせ先
を記します。

 

下記、全国7ブロックの「安全衛生技術センター」

 

URL: http://www.exam.or.jp/

 

北海道安全衛生技術センター:
〒061-1407
北海道恵庭市黄金北3-13
TEL:0123-34-1171

 

東北安全衛生技術センター:
〒989-2427
宮城県岩沼市里の杜1-1-15
TEL:0223-23-3181

 

関東安全衛生技術センター:
〒290-0011
千葉県市原市能満2089
TEL:0436-75-1141

 

中部安全衛生技術センター:
〒477-0032
愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5
TEL:0562-33-1161

 

近畿安全衛生技術センター:
〒675-0007
兵庫県加古川市神野町西之山字迎野
TEL:079-438-8481

 

中国四国安全衛生技術センター:
〒721-0955
広島県福山市新涯町2-29-36
TEL:084-954-4661

 

九州安全衛生技術センター:
〒839-0809
福岡県久留米市東合川5-9-3
TEL:0942-43-3381

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification