図書館司書資格 図書館司書資格取得 図書館司書資格試験 図書館司書資格 図書館司書資格取得方法

図書館司書資格を取得するには

一般的に、図書館で働く人のことを『司書』あるいは、『図書館司書』と呼んでいます。

 

『司書』あるいは『図書館司書』とは国家資格でありまして、図書館法という法律にて定められた資格になっています。

 

この『図書館司書』の資格を取るためには、一つとしては通信講座を利用するといった方法があります。

 

図書館司書というのは、通常、大学や高等専門学校を卒業することが条件になってきますが、必ずしも大学や専門学校を卒業する必要はないということなのです。

 

図書館司書専門の通信講座がありますので、それを利用して図書司書の資格を取得するといった方法もあるのです。

 

また、図書館司書の資格を取るためには、図書司書補という職業の実務経験が3年以上あると司書になることができるのです。

 

『司書補』というのは高等学校もしくは中学校を卒業し司書補になるための講習を受講することで司書補になることができます。

 

その司書補で、3年実務を経験すれば司書になることができるのです。

 

このことは、言いかえてみますと、ほとんどの方は司書になることができるということなのです。

 

しかしながら、司書になるためには専門の講習を受講しなくてはいけません。

 

今から司書を目指している人は頑張って講習を受講するようにしましょう。

 

 

【司書の仕事は図書に関する全般の仕事です】

 

司書の仕事はなにも市町村にある図書館だけには限りません。

 

大学が経営する図書館学校の図書館でも仕事をすることができます。

 

本好きな人にとっては、これほど良い職業はないのではないかと思えるほど最適な職業なのではないでしょうか。

 

市町村の図書館に勤務する場合には公務員になりますので、さらに加えて、公務員試験を受験する必要があります。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification