福祉住環境コーディネーター検定資格取得 福祉住環境コーディネーター検定資格試験 福祉住環境コーディネーター検定資格 種類 福祉住環境コーディネーター検定資格 取得方法

福祉住環境コーディネーター検定試験資格について

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者のためのバ
リアフリー住宅などを提供する専門職のことを指し、福祉住環
境コーディネーター検定とは、その知識を持っているというこ
とを表す検定試験のことです。

 

国家資格ではありませんが、福祉住環境コーディネーターの資
格を持っていますと、介護ショップや福祉用具メーカーだけで
なく、リフォーム会社や医療関係などで活躍する機会が増えて
くると思われます。

 

【試験日程と受験資格】

 

年2回実施されており、7月と11月頃となっております。

 

2018年は、4月末〜5月末が申込み(7月が試験日)と、
9月中頃〜10月中頃が申込み(11月が試験日)でした。

 

合格発表は、試験日から1ヶ月〜3ヶ月後です。

 

受験資格は、
特に制限はありませんが、1級は、2級に合格しないと受検でき
ません。しかし、2級と3級は併願できます。

 

【試験内容】

 

2級と3級は、マークシート方式で2時間、1級は、マークシート
方式と記述式で計4時間となっております。

 

【受験料と試験地】

 

1級が10,800円
2級が6,480円
3級が4,320円 
となっております。

 

試験地につきましては、各地域の商工会議所となっております
が、居住地区の商工会議所が会場とは限らないため、予め場所
を確認しておくようにしたほうが良いでしょう。

 

【合格率と難易度、受験者数】

 

3級は、合格率が40%〜60%程度と比較的高く、きちんと勉強す
れば、合格の可能性は高くなるでしょう。

 

しかし2級では、合格率がその時によって違いがあるようで、
40%〜50%程度の合格率の時もあれば、合格率が約10%の時も
あるようで、油断できないレベルと言えるでしょう。

 

また、1級は合格率が10%にも届かないくらいであり、難易度も
高く、相当な勉強が必要だと考えられます。

 

全ての級を合わせますと、2017年度の受験者数は4万人近く存在
し、多くの受験者が受験していることが分かります。

 

【勉強方法】

 

テキストを購入して、独学で勉強するか、通信講座で勉強でき
ます。

 

学習は暗記、内容理解、問題に慣れる、の3点が大切と思われ、
各自が得意な分野から取り組んでいきますと、頭に入りやすく
なります。

 

【検定申込み方法と問い合わせ先】

 

インターネットか電話で申込み、郵便局かコンビニで受験料を
支払います。

 

問い合わせ先は、
東京商工会議所の検定センターで、
https://www.kentei.org/sp/ に記載があります。
電話かホームページから問い合わせができます。
TEL: 03-3989-0777
(土日・祝日・年末年始を除く 10:00〜18:00)

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification