ケアホーム管理者資格取得 ケアホーム管理者資格試験 ケアホーム管理者資格取得方法

ケアホーム管理者資格について

ケアホーム管理者になるための資格というのは、現在のところ、特にはありません。

 

ケアホーム管理者とは、ケアホームでの中に必ず1名はおいておかなければならないという管理者のことを言います。

 

管理者になるための特別な資格は必要ないのですが、介護職員の中から管理者が選ばれることになるのが通常の流れですので、必然的に介護の資格を持っている人ということになります。

 

ケアホームというのは、介護を必要とする知的・精神障害者に共同生活の場を提供し、食事や入浴等の介護や世話を行う施設のことをいいます。

 

共同生活介護事業ともいいます。

 

グループホームとは介護レベルが違いますので注意が必要です。

 

そのケアホームの中での、職員の中から管理者を1名指名するという形になるのです。

 

敢えていうのであれば、常勤する者であることが条件です。

 

 

【ケアホームには設置場所の基準があります】

 

ケアホームは、共同生活介護事業とも言われています。

 

介護という名前なのですが支援ではありません。

 

そこの入所者の人は、昼間は生活介護や就労継続支援のサービスを受けていて、夜間にケアホームを利用することになります。

 

そのため、設置場所には基準があるのです。

 

『住宅地または、住宅地と同程度に利用者の家族や地域住民との交流の機会が確保されている』という点についてです。

 

また、他の入所施設や病院の敷地内には設置していはいけないことになっています。

 

自立支援の一環であるためこのような設置基準が設けられているのです。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification