CGクリエーター資格取得 CGクリエーター資格試験 CGクリエーター資格種類 CGクリエーター資格取得方法

CGクリエーター資格取得について

◆「CGクリエーター」とは?

 

CGクリエーターとは、アニメ、映画製作を構図しデザインする
人のことで、CG全般を含めてCGデザイナーと呼ばれています。

 

CGクリエーター検定は、"CG-ARTS協会”が主催する検定試験で
年2回、7月と11月に行われます。

 

映画、アニメーション、CMなどのCG映像の制作に欠かすことが
できない映像表現技術や知識が身につけられ、
CGソフトウェアを効果的に活用できる能力や技術も習得するこ
とができます。

 

◆どんな職業や場面で役立つの?種別
 (国家資格や民間資格など)

 

CGクリエーターは民間資格に属し、資格を取得すると、画像や
映像などのデジタルフィールドで活躍することができますが、
就職が確約されるという意味ではなく、検定で得た知識を仕事
で生かすのは資格を取得した人の行動力によります。

 

現在、デジタル社会で仕事をしている社会人の方にとっても基
礎固めや知識の幅を広げるのに役立ちます。
活用シーンとしては、映画、アニメーション、CM、ゲーム、
ミュージックビデオ、アプリなど、このような分野でCGディ
レクター、デザイナー、ゲームクリエイター、グラフィックデ
ザイナーとして活躍できます。

 

【受験者数・難易度・合格率】

 

CGクリエーターの受験者数の増加率は「ベーシック」「エキ
スパート」共に近年横ばい状態にあり、伸び率も低いです。

 

「ベーシック」の受験者数は、多い時で2,400人を超えていま
すが、2018年の受験者数は前年度よりも少し増加し1,708人
となっています。

 

合格率も高く、2018年度前期は63.7%、一番高い合格率は
80.4%という年度もありました。

 

「エキスパート」の受験者数は900~1,000人、合格率は年々
減少気味で。2018年度後期には20.0%にまで落ち込んでいま
す。

 

難易度的にもベーシックは優しいですが、エキスパートにな
ると一気に難しくなります。 

 

【受験料】
・ベーシック:5,500円
・エキスパート:6,600円

 

【受験資格】
年齢、性別、国籍など特に制限がないので誰でも受験可。

 

【学習方法】
協会が発行しているテキストに沿って学習します、
エキスパートなど専門的に実践力を身につける場合は通学で
きる専門学校等へ通学する方法もあります。

 

【試験科目】
「ベーシック」
・コンピューターグラフィック、表現の基礎、3次元CGの制
 作、デジタル技術の基礎

 

「エキスパート」
・カメラ撮影技術、動画撮影技術、映像編集、モデリング、
 マテリアル、アニメーション、プロダクションワーク、知
 的財産権など、

 

【試験日】毎年7月と11月の年2回実施されています。
◆第1回
・2019年7月14日(日)
【申込期間】
・2019年4月1日(月)~6月7日(金)

 

◆第2回
・2019年11月24日(日)
【申込期間】
・2019年9月2日(月)~10月18日(金)

 

【試験地】
受験地一覧URL:
https://www.cgarts.or.jp/kentei/guidance/place.html

 

【申込方法】
・インターネット、郵送
※インターネット申込の場合はCG-ARTS協会のHPから、
郵送の場合は郵便局の払込取扱票に記入、受験料を添えて申
し込みます。

 

【合格発表日】
検定試験30日後、CG-ARTS協会のweb上、受験者のマイペ
ージに公開されます。

 

【資格の問い合わせ先について】
公益財団夫人画像情報教育振興協会<CG-ARTS協会>
ホームページURL:https://www.cgarts.or.jp/
CGクリエーター検定URL:
https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/creator/index.html

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification