サッカー審判員資格取得 サッカー審判員資格試験 サッカー審判員資格種類 サッカー審判員資格取得方法

サッカー審判員の資格取得について

サッカー審判員になるための方法をご紹介します。

 

サッカー審判員の資格は大きく分けると2つあり、日本全国の
地域サッカー協会が定める公認審判員と、国際サッカー連盟
(FIFA)による公認審判員があります。

 

ココでは、日本全国の地域サッカー協会の公認審査員につい
て説明ています。

 

◆サッカー審判員になるには?

 

サッカー競技の審判員になるには、各都道府県が主催する審判
員講習会を受講した後、4級、3級、2級、1級の昇級試験を受
けます。

 

◆どんな職業や場面で役立つの? 
 種別(国家資格や民間資格など)

 

サッカー審判員は民間資格に属し、サッカー協会の講習会を受
講、実技、体力テストなど受けて合格すれば、資格を取得する
ことができますので、難易度的にも優しいといえます。

 

活躍できる主な職業や場面は、少年サッカーチーム、プロサッ
カーチームの審判員です。

 

【受験者数】
JFAサッカーチーム協会に登録されている審判員数は毎年増加
傾向にあり、2,006年度187,083人だったのが2017年度は
271,662人に審判員登録者数が増えています。

 

このことからもわかるとおり、地域のサッカー協会が主催する
審判員講習に参加して、サッカー審判員を目指す人の数が増え
ていることがわかります。

 

【難易度や合格率】
1級で50%、2級でも45%の難易度なので資格取得は簡単です。
合格率は非公開になっています。

 

【試験日】
年に数回実施

 

【申込期間・試験地・申込方法】
地域のサッカー協会により異なる。

 

【受験料・合格発表日】
1級:10,000円
2級:5,000円
3級:3000円
4級:2500円
※試験終了後、講習会場に準ず。

 

【試験科目・受験資格は?】
サッカー審判員は1級から4級まであり、それぞれの級で試験
科目は異なります。

 

2,3、4級審判員になるには指定回数の講習会を受講、実技・
体力、筆記テストが行われ、サッカー協会が認めた方となり
ます。

 

1級審判員になるには、地域のサッカー協会からの推薦が必要
になり、そのうえで筆記テストや実技・体力テストなどが実施
されます。

 

いずれの級も受験資格としては心身ともに健康で審判員として
活躍できる人に限ります。定年規定がないので体力が続く限り
審判員として活躍できます。

 

【資格の問い合わせ先】
・JFAサッカー協会
住所:〒113-8311東京都文京区サッカー通り(本郷3丁目10番
15号)JFAハウス

 

電話::050-2018-1990(代表)
FAX:03-3830-2005
ホームページURL:
http://www.jfa.jp/referee/

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification