危険物取扱者資格取得 危険物取扱者資格試験 危険物取扱者資格種類 危険物取扱者資格取得方法

危険物取扱者資格取得について

危険物取扱者の資格取得についてですが、

 

まず、職業によっては、危険物取扱者の資格取得者がいない
と営業できない場合があります。

 

例えば、ガソリンスタンドでは、必ず一名は危険物取扱者の資
格を持っていないといけません。

 

それに、工場や研究所などの仕事をする人なら取っておいて
損はない資格です。

 

そこで、危険物取扱者の資格を取るための傾向と対策を調べて
みました。

 

危険物取扱者資格は、2016年では受験者数が40万人越えにな
ったという、大変人気の資格です。

 

危険物取扱者は、ガソリンなどといった危険物を取り扱う仕事
にとって必要な資格です。

 

実際、危険物は取り扱いを間違えると大変なことになります。

 

危険物取扱者の資格が必要な職場は幾つか存在しています。

 

先に記載したガソリンスタンドや、工場や研究所だけでなく、
タンクローリーの運転手にも必要です。

 

ちなみに、危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3種類が存在
しています。

 

さらに、乙種ですと、第一類から第六類まであります。

 

そのように、種別が広く存在しますので、全てを取得するの
はなかなか大変そうです。

 

そこで、一番お勧めといえるのが甲種です。

 

丙種の場合はガソリン、灯油、軽油、重油を取り扱うことが
できるのですが、
甲種ですと、どんな危険物でも取り扱うことができるのです。

 

乙種、丙種は、どなたでも受験できます。

 

ただし、甲種のみ厳格な受験資格が設けられています。

 

まず、それぞれの受験料と合格率を見てみましょう。

 

甲種は、6500円で合格率は約37パーセントになります。

 

乙種4類は、4500円で合格率は約39パーセントになります。

 

丙種は、4200円で合格率約52パーセントですとなっており

 

ます。

 

つまり、受験者のほぼ半分が合格しているということになり
ます。

 

上記のように、丙種が最も取得しやすく、甲種と乙種4類は
、合格率がどっこいどっこいといった印象です。

 

しかしながら、甲種は資格試験が厳しいですので、ある程度
の基礎知識が必要と言えます。

 

知識と言いますと、受験のためにある程度の勉強時間は必要
となります。

 

例えば、甲種の場合は約100時間、乙4種は約50から100時間
くらいは必要でしょう。

 

しかしながら、これだけの時間を勉強に当てたからといっても
、合格するか否かは受験者の努力しだいです。

 

試験内容は、マークシート方式で実施され、60パーセント以上
正解すればよいことになっています。

 

甲種と乙種は、五択一式で丙種は四択一式になります。

 

合格のコツは、とにかく、過去問題を解いて、理解を深める
ことと言えます。

 

書店には、それぞれのテキストや参考書が販売しています。

 

まずは、テキストや参考書で勉強して試験に挑戦しましょう。

 

最後に、申し込みにつきましては、
「書面申請」(願書の提出による申請)と「電子申請」があり
ます。

 

申請手続き及び受験会場等の詳細は、財)消防試験研究センタ
ー各支部等へ問い合わせてください。

 

各県なら、財)消防試験研究センター各道府県支部、
東京都なら、財)消防試験研究センター中央試験センターにな
ります。

 

ホームページは、
https://www.shoubo-shiken.or.jp/org/index.html
になります。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification