消費生活アドバイザー資格取得 消費生活アドバイザー資格試験 消費生活アドバイザー資格種類 消費生活アドバイザー資格取得方法

消費生活アドバイザーの資格取得について

消費生活アドバイザーとは、消費者と企業また行政機関等の
架け橋として活躍をする大切なポジションの職になります。

 

企業や行政機関の消費者相談部門では消費者の意見を企業の
活動や行政に反映させたり消費者の相談に対して適切な助言
を行なったりする必要があります。

 

そして、格取得後の主な活動場所はスーパーやデパート、メ
ーカー等の企業となります。

 

次に取得方法についてですが、認定試験は財団法人である
日本産業協会が実施を行なっています。

 

尚、受験資格は一切不問となっていますが、受験に合格した
だけでは消費生活アドバイザーの称号を得る事は出来ずに、
消費者対応部門にて一年以上の実務経験が必要となります。

 

若くは、実務経験がない場合には、4日間の実務研修を受け
る事で初めて称号を得る事ができます。

 

また、受験対策と致しましては、出題の範囲が広いので、
過去に出題された問題をよく分析をして学習しておく事が
大切になります。

 

ですので、もしも独学で受験をする自信がない場合には、
通信教育や産業系の大学で勉強される事をお勧め致します。

 

次に試験内容についてご説明をさせていただきます。

 

先ず、一次試験ですが、
筆記試験は択一試験問題となりまして、内容と致しましては
消費者問題、消費者の為の行政や法律知識について、消費者
の為の経済知識、生活基礎知識となっております。

 

また、2次試験における筆記試験は論文試験となっており、
その後は面接試験となっております。

 

因みに合格率は21.6%となっています。

 

また、受験願書の受付期間は7月からとなっておりまして、
試験の日程は、1次試験が10月上旬、そして2次試験は11月
下旬からとなっています。

 

尚、受験地につきましては、
1次試験は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・
福岡で行われ、
2次試験は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・徳島・福岡
となります。

 

また、受験料は15,660円となりまして、
合格発表は、2月上旬となっております。

 

そして、受験の申し込み・問い合わせについては、
『一般財団法人日本産業協会』となりまして、
住所は、
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-11-1島田ビル3階
が所在地となっております。

 

ホームページもありますので、ご興味のある方は是非チェ
ックしてみて下さい。
一般財団法人日本産業協会ホームページ:
http://www.nissankyo.or.jp/

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification