主任介護支援専門員資格取得 主任介護支援専門員資格試験 主任介護支援専門員資格取得方法

主任介護支援専門員資格について

主任介護支援専門員の資格は、介護施設の中ではとても重要な位置を占めているものです。

 

介護施設の中では、多くの介護支援専門員の方々が仕事をしています。

 

主任介護支援専門員というのは、そのような介護支援専門員の方々の中でのリーダー的な存在の人ということになります。

 

介護職の仕事に携わる方々というのは、昼も夜も境目なく仕事をしているものです。

 

職員の方も大勢いますので、その人達を統括する人が必要となってきたのです。

 

そこで誕生したのが『主任介護支援専門員』という資格なのです。

 

主任介護支援専門員という名前の通り、介護支援専門員の仕事を経験した人に受験資格があるということになっています。

 

実務経験は5年以上となっていますのでかなりの経験を要します。

 

また、主任介護支援専門員の資格を取得するためには、10日間に渡る講習を受講しなくてはいけません。

 

一日でも欠けると資格を取得できませんので厳しいものとなっているのです。

 

 

【多くの介護施設が主任介護支援専門員の資格をまだ取得していません】

 

主任介護支援専門員という資格は受講料が高額な上、介護支援専門員の仕事と変わりがないために、あまり人気の資格ではないようです。

 

しかし、これからの介護職の在り方としては、高齢化社会を迎えるにあたって変化してきますので、資格を取るチャンスがある時には取得しておくべきと言えます。

 

受講日数や受講料というのは施設が負担してくれますので、とくに、施設の指示であれば大いに挑戦すべきです。

 

もう少し後になって、制度が変わった時に受講するつもりでいますと手遅れになる可能性もありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

資格・検定・免許取得

Way to qualification